ジャングルに道を創ろう!

羽衣学園高校野球部

2018.4.1 創部 / 2019.9.7 公式戦初勝利





進     路
0期生2名、1期生17名、計19名
N E W S
千羽鶴で継承、創部の精神/朝日新聞デジタル(2021.7.15)
1期生の卒業式(2021.2)
卒業記念誌『光と影:野球部活動を通じた高大連携の試み(2021.2)
夏季大会(2020.7)
祈りの千羽鶴(2020.7)
大学野球部『光と影』に掲載(2020.3)
大阪フル・リレーマラソン優勝@(2020.2)
大阪フル・リレーマラソン優勝A(2020.2)
大阪新春マラソン(2020.1)
秋季大会(2019.9)
北海道遠征(2019.8)
夏季大会(2019.7)
高石市ボランティア活動(2019.5)
鳥取遠征(2019.5)
春季大会(2019.4)
大阪フル・リレーマラソン入賞(2019.3
大阪新春マラソン(2019.1)
秋季大会(2018.9)
北海道遠征@(2018.8) 北海道遠征A(2018.8)
第100回記念夏季大会(2018.7)
朝日新聞に連載(2018.6)
初めての練習試合(2018.6)
大学野球部の合宿に参加(2018.3
創部説明会・練習会(2017.12)
報      道
千羽鶴で継承、創部の精神/朝日新聞デジタル(2021.7.15)
夏の甲子園中止/バーチャル高校野球(2020.5.21)
甲子園への飯!/ABCテレビ『速報!甲子園への道』(2019.7.23)
2人から始まった野球部 最後の夏/ABCテレビ『キャスト』(2019.7.18)
稚内で初合宿「稚内大谷高は目標」/稚内プレス(2018.8.8)
それぞれの夏/テレビ朝日『報道ステーション』(2018.7.30)
野球部の産声/スポニチ・アネックス(2018.7)
野球部をつくろう!/朝日新聞・大阪版(2018.6)
価      値
礼儀正しい高校野球部
文武両道を目指す高校野球部
地域に根ざした育成型の高校野球部
皆から愛される高校野球部
目      標
短期:まずは夏一勝
中期:大阪ベスト8以上
長期:甲子園初出場
目      的
野球を通して自己を磨き人生を切り拓く
スポーツマンシップを養う
大学で通用する社会的技術を身につける
練 習 時 間
平日:3時間(準備・片づけの時間を含む)
休日:4時間(練習試合の場合は終日)
練 習 場 所
羽衣国際大学(併設校)グラウンド
高石市・高師浜野球場(週に1〜3日)
行      事
4月:大阪府春季大会
5月:鳥取遠征(2泊3日)、大阪府私学大会、高石市ボランティア活動
7月:大阪府夏季大会
8月:北海道遠征(4泊5日)
9月:大阪府秋季大会
11月:香川遠征(1泊2日)
1月:大阪新春マラソン
2月:大阪フル・リレーマラソン
顧      問
部  長:横田勝弘(羽衣学園高校教員)
副部長:門屋良宣(羽衣学園高校教員)
監  督:朝西知徳羽衣国際大学教員)
飲水思源(井戸の水を飲むときには井戸を掘ってくれた人々の苦労を思い出そう)
初代 部長:杉山博信 / 初代 副部長:黄瀬隆磨
初代 主将:松岡 渉 / 初代 副将:河野 陽
初代 選手会長:神崎理子 / 初代 主務:津村美月



本野球部は、強化クラブではなく、普通クラブです。
野球場もありません、バスもありません、合宿所もありません、
野球後援会もありません、保護者会もありません。
しかし、どこにも負けない「教育」があります。
「教育」に相応しくないという理由から、スカウト活動は行っていません。
「相手を打ち負かすこと」ではなく、
「歩み続けること」や「立ち上がること」を教えているからです。
高校生らしい健全な野球部づくりを目指しています。


朝西知徳のホームページへ